虎さん探偵(雑用)事務所

アクセスカウンタ

zoom RSS 参謀・法官・護民官/試験

<<   作成日時 : 2007/04/17 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

-------------------------------------------

本部班試験回答

 ・問1

 事前設定:
 ・このイベントは星見師等の力により、すでに開戦地を把握している。
 
1.指揮官および各班の現在においての代表、班長代理をメッセに集結、
 ホットラインの形成。
2.指揮官、各班の状況報告および状況把握。
3.2を踏まえ、大まかなスケジュールの決定

4.各藩、セントラルetc…、に連絡する、事項・募集要項の決定。
5.3を踏まえ、ホット(活動)な班と、クール(待機)な班の選別。
 (この場合は作戦立案班、イラスト班、集計班はクール
  これらの班は、各藩の出せる戦力、イラストが決定してからが仕事である)
6.広報班が、4で決定した募集要項・事項を各所に連絡。
7.他の人員が状況を把握出来る様に、参謀BBS等に上記で決定した事、行ったことを報告する。
8.参謀BBS等に作戦立案班、イラスト班、集計班が、ホットへ移行した後の指示を投下。
9.現在ホットな班、指揮官は、3で決定したスケジュールに沿い、疲労回復のためクールに移行。

10.スケジュールに沿い、クールからホットへ移行。
 1と同じように集結、状況報告・把握、スケジュールの調整。
 マンパワーの調整、場合によっては外部の協力者を願う(これは6の時点で決定する場合もあるだろう)。
11.RP部屋、中継所の決定、広報班はこれを各所に連絡。
12.各班の報告。
  現状をまとめ調整。
  指揮官に報告をする。
13.最終調整、疑問点の解決。
14.戦闘を開始する。



 ・問2

問題点  ・マンパワーの不足
解決方法 ・この試験

      それでも足りない場合は起家募集を再び行う。
      起家がGMに認められない場合、外部の協力者を願う。 
      それらの人員を固定化し、”準参謀”とでもしておき、作業を行わせる。
      そして起家を許可されるのを待つ。

問題点  ・指揮官の多忙。指揮官の参謀化
解決方法 ・指揮官補助チームの設立

      現在では指揮官(現状では詩歌さん)が藩国の藩王も勤めている為、
      極度に仕事が集中している。
      それを解消しなくてはならない。
      しかし藩王を勤めてる人物こそが指揮官に向いている
      (アイドレス全体の状況を、一番把握しているのは各藩王だろう)。
      そのため詩歌さんから別の藩王を指揮官にしても現状は変わらない。
 
      その為に、参謀に置いて指揮官サポートチームを作る。
      参謀全体が本来ならその役目であるが、現状では指揮官の細かいリクエスト
      (疑問点の解消・調査)
      に対応できない、または遅れる。
      サポートチームはそれらを行い、参謀本部と指揮官の間の窓口になる。
      簡単に言えば”秘書”みたいなものだ。  

      また、このチームにより、現在起こっている、”指揮官の参謀化”も解消できる。
      現状では指揮官が参謀化し、”指揮官と参謀”という古来からあり、
      今も続けられている、組織上の関係が崩壊している。
      なぜ、指揮官と参謀は別れているか、をもう一度よく考えるべきである。

 ・問3

解決策:各班長は報告専用の掲示板に、現状を報告する。
    それらは定時連絡とし、義務とする。
    また各班長と連絡を持ち、掲示板とあわせ、各班の現状を把握する役職を設立する。

問題点:この様な役職を設立すると、その人物に権力が集中することがあるが、
    役掲示板を役職ではない人間も参照できるように、その透明度はあがる。

    また、この役職は各班への命令権・決定権を持たせない。
    ただ単に現状を聞き、掲示板と合わせて把握。
    そして現状報告するだけの役職である。

    この役職が把握した現状を報告すべき相手は、参謀全人員である。
    報告された現状に遅れ、班の不調・問題が見られれば、会議で話し合われるだろう。



  備考:
  吏族作業においてレポート作成し、提出しました。
  チーム、についてのレポートのなので、参謀組織においても参考になれば幸いです。
  
  ”チーム制のメリットと導入方法”
  http://pettiagalla.wakatono.jp/rizoku.html

  その他:好きだけどすれ違う、にて参謀&書記(参謀長・志水高末、時)

-------------------------------------------

広報班試験

 ・回答 

(イラスト班が募集要項のテンプレートを作成していない場合)
まず、イラスト募集要項を読みやすく整理・推敲しテンプレートを作成。
そして現在動ける(手が空いている)広報担当者に協力を要請。

(テンプレートは、各技族が募集要項を理解しやすくする為に作成する。
 また担当する広報担当者ごとに文が違い、
 そこから各藩ごとに募集要項の理解の違いが出ては困るため。
 特に今回のケースではイラストA・Bに関連があり、混乱を起こしやすい。
 その違いを明確に書いたテンプレートを作成し、技族の混乱を防ぐ)


各員がすぐさま、決定されたイラスト募集要項テンプレートを各班の定めた掲示板に投下、報告。
また、各所(藩国チャット、セントラル、ニューワールドチャットetc……)にもイラスト募集を報告・宣伝。
セントラルだったら森村さんにイラスト投下場所等をリンクしていただく様お願いする。

その後、各広報担当から状況を報告・把握。
調整、見過ごしがないか確認し、イラスト班に現状を報告し、仕事は完了する。



上記は出来るだけ早く行う。
なぜならば、イラストを仕上げるのには時間が掛かる。
寝て起きて朝になってからイラスト提出の要項を知っては、
時間までにイラストが完成しない技族の方もいるだろう。
イラスト班がそれらを把握し、纏めるのにも時間がいるだろう。
だからこそ、広報活動は出来る限り早く行わなくてはいけない。


 備考
 イベント59FVB決戦/黄金戦争開幕、にて広報お手伝い担当。

-------------------------------------------

法官試験

設問1:貴方は法官として何を行いますか?思うところを述べなさい。(文字数制限なし) /配点1

ゲームと言うものは楽しいものです
その楽しさはゲームバランスが適切な時に起こるものです
そのバランスが一度崩れれば、楽しさも崩れるでしょう

バランスを崩すもの、それを法を破ると言います
私はそれを、1ゲーマーとして許しません



1.裁定のスピード化。
次の吏族チェックの後、大量の不正・ミスが発覚するのは目に見えている。
 それら一つ一つに時間を掛けていてはとても全てを裁くことは出来ない。
 そのために基本判例を今以上に整え、裁定のスピード化を図る。

2.実例を報告するなどして、
 各アイドレスプレイヤーに注意を喚起し、ミスを未然に防ぐ。


設問2:既存の基本判例の改善点を挙げ、また1つ具体的な基本判例を作成しなさい。
(2000字以内)/配点3

これから新たな法官が誕生し、活動するにあたって、
法官業務を担当したことがない私が見て、
現状の基本事例はまったく参考にならない。

●基本判例1:テンダイス記載ミス(リザルトなど影響あり)
判定:単なる過失であるが、ゲームへの影響が見られるため問題あり。
罰則:【現時点での藩国財政から該当イベントのリザルトなど返納】

と、書かれているが、
いったい具体的にはどんなミスだったのだろうか?
記載ミスとは、コピペのミスだろうか?書き間違いか?
それともルールを把握せずに書いた結果、記載ミスをしたのだろうか?
それが分からなければ、今後ミスが起こったとき、どのような基本事例に当てはめればいいかわからない。

●基本判例2:テンダイスの記載と藩国財務の差異(故意・リザルトなど影響あり)
判定:故意が認められ、ゲームへの影響が見られるため問題あり。
罰則:【現時点での藩国財政から該当イベントのリザルトなど返納】+【罰則金50億(藩国滅亡の場合、初回は納期ターンエンドまで。二度目以降は即廃藩。)】


これもまたテンダイスの記載ミスと捕らえることができ、
新しく法官になった者には違いが分かりにくい。
これでは今後来ると予測される、大量のミスを効率よく裁くことが出来ず、
ゲームの進行に遅れを来たしてしまう。
本来電網適応アイドレスは1ターン一週間のゲームである。

以下、作例

●基本判例1:テンダイス記載ミス(リザルトなど影響あり)
判定:単なる書き間違いであったが、ゲームへの影響が見られるため問題あり。
詳細:イベントAAの〜報告時に、消費資源を本来ならば〜〜、
   〜〜をし、本来ならば獲得できないリザルト獲得した。
罰則:【現時点での藩国財政から該当イベントで獲得したリザルトなどの返納】

●基本判例2:テンダイスの記載と藩国財務の差異(故意・リザルトなど影響あり)
判定:故意が認められ、ゲームへの影響が見られるため問題あり。
詳細:イベントBBの〜〜をし〜〜した、
   本人に確認、また〜〜により、この行為は故意に行ったことが発覚。
   〜〜であり、重い罰則を言い渡した。
罰則:【現時点での藩国財政から該当イベントのリザルトなど返納】+【罰則金50億(藩国滅亡の場合、初回は納期ターンエンドまで。二度目以降は即廃藩。)】

と、このように詳細を加えれば、担当した法官以外にも分かりやすくなる。
裁定のスピード化には”解り易さ”これが大切である。
そうしなければ基本事例、罰則を決めるに当たってのガイドにはならない。

実際の不正・ミスが行われたページのURLを乗せるのも手段であり、
何よりも分かりやすいが、それでは不正・ミスを犯したものを”晒す”という事態になるため、
必要以上の罰則を与えてしまうことになりかねない。
これには注意が必要である。
人と憎んで罪を憎まず、ではいけない。
憎むべきは罪である。

また、今後行われると予想できるミス・不正の基本事例を今のうちに作成しておくことも、
裁定のスピード化に欠かせないことをこの場で提言する。


-------------------------------------------
護民官資格試験問題

次の問題に回答してください。


1.護民官作業について(配点5点)
護民官活動における護民官作業のガイド案(チェックガイド)を、状況を具体的に想定し作成してください。


  0. 護民官の人事的振り分け、
  異議申し立ての募集開始
  異議申し立てが発生

  1.異議申し立て内容の確認
  2.法官の裁定ミスではないか確認
 (罰則が重い軽い、の話ではなく、
  法官の単純な記載ミス、勘違い、ではないかの確認)
  3.罰則が発生した状況の確認
 (どのようなミス・不正であったかの確認。
  必要であるならば本人への事情聴取)
  4.法官が出した、過去の罰則との比較
  5.救済すべきかの判断
  (罰則の重さ、故意であるかどうか、
  この罰則において不必要に被害を被ったプレイヤーはいないかetc…)
  6.救済方法の検討・決定
  (罰則の取りやめ、戦闘の開始(例:青森)芝村さんへの訴えetc…)



2.護民官作業の問題点(配点各5点、計10点)
1)吏族の報告直後、法官の処理と護民官の処理が並列しておこなわれることの 問題点を述べ、原因と解決策について考察してください。

  問題点:
  不必要な裁定まで、救済の検討をしなくてはならない。
  (法官が罰則をださないミス・不正もある)
  つまり、しなくてもいい作業をするはめになり、護民官担当のプレイヤーに必用以上の負担が掛かる。
  護民官は助けを求める者に対して手を差し伸べる者である。
  これではルールを助ける者になってしまう。

  原因:
  これらの問題点は全て法官との並列作業であるから派生する。

  解決策:
  一番簡単な解決策は”吏族→法官→護民官”と云う、直列作業にすることである。
  それでも並列で作業を行うなら、無駄な作業、無駄な情報を抱えないため、
  法官との連絡を蜜に取ることである。
  (現状の報告、等々)
  これを行う場合、常日頃から法官とは連絡を取りあい、お互いの業務を理解することが大切である。
  またそれらを行う為の、連絡網、ネットワークを確立しなくてはならない。
  

2)吏族の報告直後、法官の処理と護民官の処理が並列しておこなわれることのメリットを述べ、その際の活動案を挙げてください。

  直列作業だと、法官が裁定を出すのを待たなくてはいけないため、
  最終的な裁定がでるまでに、吏族→法官→護民官と3ステップとなり、
  ゲームの進行に遅れを来たす可能性がある。
  しかし法官と平行で作業を行う場合は吏族→法官・護民官、と2ステップで、
  最終的な裁定が出るまでの時間の短縮になるように思える。

  しかし、救済案件が多い場合はその限りではない。
  しかも並列作業の法官が裁定を出す前に、救済を検討するので、
  その案件数は多くなることが予想される、
  つまり護民官全体の作業量が多くなる。
  特に次の吏族チェックではとても膨大になるだろう。
  その様な状態では逆に直列作業以上に最終的な裁定が出るまでに時間が掛かってしまう。

  そのため、このメリットは法官が扱う案件が少ないと予想される時にのみ、効力を発揮する。


3.護民官活動の基準(配点15点)
護民官が護るべき対象とは何か、具体的に想定しその理由を添えて説明してください。
(法官の裁定ミスは既に活動した事例であるため除くものとする)
※対象が複数ある場合は、それぞれについて例をあげて説明しても構いません。

 テンダイスのイベント54護民官の仕事の通り、
 
 ”こうした件や量刑が厳しすぎるケース、吏族の横柄や参謀団、
  尚書の動きそのものの問題などは護民官が一旦これを取りまとめ、芝村と協議して救済策を出すこと”
 
 ゲームのバランスを必用以上に崩さない、それが護民官の役目であり、
 それは人(プレイヤー)を護ること、救済することによって行われます。

 また青森の例をみれば分かるとおり、
 一人の人間の行動で被害を被らないでもいい人間が被害を被るときがあります。
 これを災いといいます、それを収めるのが護民官です。
 また、青森が死んだ情報を流したプレイヤーの思いは何でしょう?
 それは戦略でも悪意でもありませんでした、ただ青森を救いたい、そんな思いでした。
 ゲームとしてはとても反則ですが、ゲームではなく一人の人としてはどうでしょう。
 その思いは反則ではありません。
 それを救済するのもまた、護民官の役目です。



問題作成者
楠瀬藍@レンジャー連邦
城華一郎@レンジャー連邦
結城由羅@世界忍者国
ゆうみ@るしにゃん王国

-------------------------------------------

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参謀・法官・護民官/試験 虎さん探偵(雑用)事務所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる